キュービックエーなうまい棒でノートPCが打撲してミノキがワッハハハ » 未分類 » ショーベタでドワーフ

ショーベタでドワーフ

読了までの目安時間:約 18分

新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職することを決めたのでした。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もういい大人なのだから、何か起こった時はちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で決定されることもあり得ます。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、そこに配属になる事が多いのです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を希望する場合があります。大学病院など、高度な医療を行なうところで働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、チャレンジ精神からきた動機です。我が国の法律で、看護師は医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。ですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、経験豊富な看護師であれば、医療行為も少しぐらいは行っていいのではないかと思っています。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、病院によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤のそれを上回ることになります。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく仕事をすることが可能であり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際により働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも看護師の仕事を探している最中なら条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。看護師として働いて、もう数年になります。それで、思ったことは、一般に看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう報告しなければなりません。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も重要な点になるでしょう。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接という流れになるのがふつうです。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分もみてもらうことができれば、上出来です。社会に出たばかりの新卒看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、労働に見合うだけの残業手当が未払いになることがあります。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、勤続年数や経験などは関係せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などがしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか急な残業を断らず行なうなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、そうでない人たちより高めになります。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、辛いと感じることも多いでしょう。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのうちに体調を崩すこともあるのです。昼夜にわたる、大変な仕事によって当然のように疲れを蓄積していき、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように前向きな志望動機があれば良いでしょう。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。とはいえ、職場復帰が可能かどうかについては、どういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りもしやすいはずです。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻り就職をする人も少なくありません。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においてははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。慢性的に人手が不足している医療分野では常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という大きなメリットがあるといえます。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことは極力、放射線を浴びないようにすることです。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、細心の注意を払ってほしいところです。薬品についても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。翻って個人病院の状況ですが、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですがいつでも皆さん忙しくされています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、日勤業務と夜勤業務に分けられて人員を交代させながら業務につくことになります。こういった勤務形態ですから、睡眠時間をうまく調整できない場合は思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。これを単純にパートの時給とみるとなかなかの数字なのでしょうが、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。看護師になろうと思ったきっかけは中学での職業体験でのことでした。体験先の介護施設の看護師の方に感動したのがきっかけです。大人になったら、ああいう風になりたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。身につけたいスキルについてもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。看護師の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。なのですが、多忙を極める仕事です。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりと聞くことがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。病院などで看護師という仕事に就いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることもままあります。仕事自体で間違ってしまうことや心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。ただ、やりがいがあると感じることももちろんあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と医療的な処置を必要とする人々が増えてます。そうなってくると、医師と看護師もどれだけいても足りないという程、今のところ、どこでも人手は足りていません。けれども、それほど人手が足りない状況だと、それによって求人も多くなりますから、看護師にとっては、転職がやりやすいといったメリットも確かにある訳です。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、小さな子供がいる人でも無理のない働き方が可能である、と思えるようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。結婚、出産、そして育児がスタートしたら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度看護師として働くことを希望する人も少しずつ増え始めています。

 

この記事に関連する記事一覧